2005年10月02日

元気玉、一番!(というわけで長文)

「どにー見に行くかぁ」が
「れおん王子が見らるる!映画」というわけで 
がぜん気合いの入り方が違ってしまった、七剣プレミア手(グー)
ごめんよ、ドニー。
濃ゆいおぢさんや鍛えました系も好きだけど、
王子は別格なんである。なんたって第一王子だから。

ちょっち茶髪でかな〜〜りキャジュアルモータースポーツな格好の若君は
色白のイメージとは違って日焼けしており
輪郭もすっきりとひきしまっておられましたぞ。
コンサートに向けて鍛えているのか?
相変わらずのレンチャイでしたわ。(* ̄ρ ̄)”

若君は緊張していたのか、かなりお利口さん&おすましさんで、
東海林太郎か!というような姿勢の良さ、
皇族ですか?というような手の振り方。
舞台挨拶での「いい映画ができたので見て下さい」という言葉も
いったいどこまで売り込もうって気があるねん!
と突っ込みたくなるようなあっさり加減。

イエ、悪口言っているんじゃありません。
つい、突っ込みたくなるんです。
たぶん、愛黒ハート

そう、ワンパク小僧ぶりはしっかりと隠していた。
しかし、CDのおまけ製作秘話Vを見た事がある人なら
その実体は、やんちゃ坊主のイラチの仕切り屋と知っている。
このギップがイイわけです。

忙しいスケジュールをぬってきてくれたなんて
ちょっとでも役に立てばという気持ちの表れでしょう。
サンキュー、若君。キスマーク

こんなに若君の注目しておいてなんだが、
映画では、がぜん、どにーがかっちょいいのであった。
(ごめんよ、若君。
 いい役なんだけど、ホンの掘りさげ方が足りなかったのよね。)

HEROの時もちょっとの登場ながら、アクション場面の美しさで
(画面そのものもきれいだけどそれより本人の動き!)
見事にかっさらっていきましたが、
今回は最後のほうのアクションシーンで本領発揮。
動きが速すぎ、カットが多すぎ、スクリーンがでかすぎ、
くっそーもう少しちゃんと見せてくれよ〜〜ちっ(怒った顔)と何度思ったことか。

というわけで、
映画そのものにはほとんど触れず(笑)筆をおく。
若君の役もそうだけど、相当はしょってると思うんだよね〜〜
小説が刊行されるそうなので、それを読んでみようかな、
という気持ちになった、とだけ書いておこう。
posted by るーるー at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 元気玉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大きいごめんと色白とかをキャジュアルしたかったの♪


Posted by BlogPetのホイホイ at 2005年10月09日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7610326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。